夏はスマホも暑さ対策を。

こんにちは。ライドオンスタッフブログです。

日本列島がぞくぞくと梅雨明けしていますね。

蝉の声とともに本格的な暑さがやってきました。

となると心配なのがスマホの熱暴走ではないでしょうか。

熱くなったスマホを使い続けていると、ゲームアプリが途中で落ちてしまったり、カメラが起動しなかったりといつも通りの使い方ができなくなってしまいます。が、これは故障ではなくむしろ「壊さないためのスマホの防御本能」なのです。

故障ではないので温度が下がれば動作は元にもどるのですが、 今のスマホってパソコンと同等かそれ以上の機能があの小ささに収められている上に、パソコンにはついている冷却ファンがないばかりか、防水設計などで熱の逃げ道がないつくりになっているので、外気温が高い夏はなかなか温度が下がらないんですよね。

防水設計だから氷水に入れてみよう…!という豪快な方はなかなかいらっしゃらないかと思いますが、冷蔵庫くらいなら入れてみようかな?と思ってしまうかもしれませんね。

急激な温度変化は機械内部の結露の原因になりますのでNGです。

早く使いたい気持ちは分かりますが、ここは自然に冷却するのを待ちましょう。

とはいってもなんとか少しでも早く冷却したい!そんな時は以下の方法を試してみてください。

・扇風機を当ててみる

今年はハンディ扇風機が大流行していますのでお持ちの方も多いでしょう。人間もスマホも、さわやかな風ですこーしだけ涼を取りましょう。

・スマホをいじるのをやめる

ちょっと我慢して。できれば電源を落としてしばらく放置してみましょう。

・カバーを外す

人間も厚着をしていたら熱いですもんね。ちょっと薄着になってみましょう。

・CPUの冷却アプリを使う

アプリストアで「CPU」「クーラー」などと検索するといろいろアプリがあります。スマホの調子が良い時にダウンロードしておいて、スマホが熱くなって挙動不審な時はこまめにアプリで動作をクリアにしておきましょう。

手で持てないくらい熱いときはバッテリーの異常などが考えられます。お早目に各メーカーまでご相談ください。

大事なスマホで快適な毎日が送れますように…。ではでは。